Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮澤賢治

 今日は読書人です。

 子どもの頃から宮澤賢治の本は何冊か読んでいました。
その頃の感想は
「つまらなくないけど、おもしろくもないな」
というものでした。

 その後の人生の中で、宮澤賢治を絶賛する方に幾度か出会いましたが(直接であったり、
そういう方がいると話に聞いたり、本の中で出会ったり)、私自身はふ~ん、と思う程度でした。

 それが最近『虔十公園林』を読んでみたところ、とってもとってこころが暖かくなるようなお話でした。
 子どもの頃にはわからなかっただけでやはり賢治は素晴らしいのかも、
と思い、手にとってみました。
銀河鉄道の夜-宮沢賢治童話集3-(新装版) (講談社青い鳥文庫)銀河鉄道の夜-宮沢賢治童話集3-(新装版) (講談社青い鳥文庫)
(2009/01/16)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


 お話もさることながら、宮澤賢治の心が素晴らしいのだと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

amichoco*

Author:amichoco*
FC2ブログへようこそ!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。