Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仮名手本忠臣蔵』金原

 忠臣蔵を子供向けに書いた本なんでしょうか?

 どうして、こんな本にしたのか全く意図がわかりません。

1・新しい登場人物が出てくるたびに人物紹介がある。それはまだいいとして(本当はこの人物紹介も不快なんだが)も、「この人、いい人なのよねー」とか「嫌なヤツよ」とか、いちいち善悪をつけて紹介してるのが本当に嫌。いい人か悪い人がは読みながら自分で判断するし!先に善悪をばらされると、まるでネタバレ、読む楽しみも減るし!

2.文章にも絵にも格がない。あ、文も絵もお上手なんです。ですけどね、軽い読み物=子供向けって思ったのかな?そう思い込んでるなら、子どもをちゃんと知らないね、この本作った人。

3.なんで、挿絵が猫なの?しかも本の最後に、架空の猫に名前と役柄をつけてのご丁寧な猫紹介(?)。嫌悪感が湧いた。



仮名手本忠臣蔵仮名手本忠臣蔵
(2012/11/16)
金原 瑞人

商品詳細を見る


 忠臣蔵を子どもにも読みやすくするっていうコンセプトはいいんですけど。残念極まりありません。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

amichoco*

Author:amichoco*
FC2ブログへようこそ!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。