Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『悲しき熱帯』の記憶」 川田順造

 珍しく、文化人類学の本。

 著者の川田先生の洞察が優れている。もっと広く世に知られればいいのに。

 大航海時代、ヨーロッパ人が世界のあらゆるところに勢力を広げていくその中で、「日本王国」(と当時のポルトガル人は呼んでいたらしい)が植民地化を遁れたその幸運と当時の日本人の先見の明に感謝。

 何かが狂っていたら、日本も奴隷輸出や人身売買の道を辿っていたかもしれない(実際は皆無ではなかったが)。

 漂着したポルトガル人から買い取った銃から、鉄砲の国産化に成功したことにこんなに意味があったとは驚いた。
 



「悲しき熱帯」の記憶―レヴィ=ストロースから50年 (中公文庫)「悲しき熱帯」の記憶―レヴィ=ストロースから50年 (中公文庫)
(2010/10/23)
川田 順造

商品詳細を見る


 歴史の認識も素晴らしい。

 素直に幸せに生きられる社会には歴史は必要ない。亀裂やわだかまりがある社会がその支配を正当化するために歴史を必要とする。と。

 現代の韓国の政策や、中国の反日教育を考えるよいヒントになりそうだ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

amichoco*

Author:amichoco*
FC2ブログへようこそ!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。