Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ソフィーの世界』 その2

→『ソフィーの世界』の続きです。


 最近は読んでいて疲れる、という本にあまり出会っていませんでした。
 
 今回は疲れました。途中何度も読み返したり、前の章に戻ってみたり、
アルベルトのように「一段落!」と中断しながら読み進めました。

 哲学の授業を横糸に、ソフィーの周りで起こるファンタジーを縦糸に、本自体は描かれています。
哲学の授業は私が高校生のときに受けた倫理・社会の授業とかなり重なる内容でした。
ファンタジーの力がないと、最後まで読むのはなかなか大変だったことでしょう。

 ファンタジーの謎解きをしたくて哲学本を読んでしまう、って本当に面白い方法ですよね! 

 ただ哲学の内容は幅広く、一通り読んだだけでは理解するのは難しいです。
哲学ってそもそもじっくり構えて考えるものですし。

 読む人の年齢、知識量、教養、育った文化圏によって、『ソフィーの世界』のとらえ方は様々だと思いました。
子どもなら、大人になってからもう一度読み返したらいいですし、大人なら、勉強してからもう一度読み返したら、いいと思います。

2度目には、さらに違った印象をきっとこの本はもたらしてくれることでしょう。

 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

amichoco*

Author:amichoco*
FC2ブログへようこそ!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。