Archive [2013年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ハートのブックマーカー 青

 今日もビーズ人です。 昨日と同じレシピの色違いです。 これから何日か色違いのブックマーカーが続く予定です。...

ハートのブックマーカー 紺

 今日はビーズ人です。 たまる一方の丸小ビーズの消費に、それから一粒余ってしまった4mmビーズ消費に使えるレシピです。 一見難しそうなハートも、覚えてしまえば簡単です。...

コンビシュシュ

 今日はチックリ人です。 細長いハギレを利用しました。 幅が足りなかったので、無地を足しました。そのひと手間だけで、ぐっと可愛くなります。...

アームカバー イカリ柄

 今日もチックリ人です。 こちらは美術用なんだとか。 イカリ柄の色が薄いので、特に汚れやすい袖口だけ濃い色にしてみました。 とっても簡単でした。...

アームカバー 和柄

 今日はチックリ人です。 書道用ということで、和柄の布を選んでみました。ただ筒状に縫って、上下にゴムの通し口をつけただけです。 最初は上にもゴムを通したのですが、ゴムが無い方が腕が自由になる、ということでゴムを抜きました。...

塩沼亮潤 板橋興宗『大峯千日回峰行』

 今日も読書人です。 こんな凄まじい行を行っている方が現代の日本にいらっしゃるのがまず驚きです。それから、山の不思議。極限状態にある人の不思議。大峯千日回峰行 修験道の荒行(2007/03/17)塩沼亮潤、板橋興宗 他商品詳細を見る 身近な他人の幸せを考える、自分の家族、友人、国、そういった一隅を淡々と照らすこと。これを伝教大師は「一隅を照らす」とおっしゃったそうです。...

東川篤哉『謎解きはディナーのあとで 2』

 今日も読書人です。 昨日の続編を読みました。謎解きはディナーのあとで 2(2011/11/10)東川 篤哉商品詳細を見る 続けて12話読みましたが、基本の型は全部同じです。 とはいえ、このシリーズは3巻になっているようなので、もう一冊読むかもしれません。...

東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』

 今日は読書人です。 珍しくミステリー。 このお話、何でしょうかね? 主人公の宝生麗子と風祭警部が聞き込みをする→二人は考えたり、悩んだり、迷ったりしない→執事の影山が即座に殺人犯を教えてくれる。という短編集のようです。謎解きはディナーのあとで(2010/09/02)東川 篤哉商品詳細を見る すぐに事件が解決するところがおもしろいのでしょうか?...

チャールズ・M・シュルツ『スムーピー全集8』

 今日は読書人です。 出てくる子ども達もかわいいのですが、やはりウッドストックのとぼけた可愛さが一番すきです。スヌーピー全集 8(2013/01/23)チャールズ・M・シュルツ 著/谷川俊太郎 訳商品詳細を見るBeagle scouts が私のお気に入り。...

ジェリースピネッリ『ハッピーボーイ』

 今日は読書人です。 表現が面白いです。「暗闇」は「いくらすばやくあけて、暗闇をつかまえようとしても、光のほうが先になだれこむ。」「目」は「幼い子どもの目は、成長した子どもの目の入れかわるのだ。」「運動会」は「一,二、三年生たちにとっては楽しい日だ。しかし四、五年生の高学年の生徒たちにとっては、ただ楽しむというよりは勝負にこだわる日になっていた。」ハッピー・ボーイ(2003/02)ジェリー スピネッリ商品詳...

カール ハイアセン『フラッシュ

 今日は読書人です。 児童書でもあり環境問題の本でもあります。 数年前に一度読んだのですが、もう一度読んでもやっぱりおもしろいです。フラッシュ(2006/04)カール ハイアセン商品詳細を見る 千葉茂樹さんが翻訳されている本は面白いものが多いと思います。...

巾着

 今日もチックリ人です。 このバラのモチーフ、青い色が使いにくかったのですが、ちょうど使うことが出来ました。  何年も持っていた資材が使えると嬉しいです。...

リメイク巾着 その2

 今日もチックリ人です。 どこがリメイクかというと、ボタンです。1個だけ手元にあったので、きっと未使用の予備用ボタンたど思います。 巾着の口を絞めるのにちょうどいい大きさでした。...

リメイク巾着

 今日はチックリ人です。 古ーい巾着をリメイクしました。もう袋部分がよたよたになっていました。 巾着からタオルリボンをとりはずし、新しい巾着に。 紐も再利用です。...

酒井雄哉『ただ自然に』

 今日も読書人です。 大阿闍梨様のことが知りたくて、読みました。 やはりいいです。ただ自然に―比叡山千日回峯行 酒井雄哉画賛集(2001/11)酒井 雄哉、寺田 みのる 他商品詳細を見る 千日回峯行が命がけとは勿論思っていましたが、想像以上でした。織田信長の焼き討ち以後、満行されたのはたった3人だけなんだとか。...

酒井雄哉『人の心は歩く早さがちょうどいい』

 今日は読書人です。 素晴らしい本でした。 語り過ぎず淡々とした口調の中に、学ぶべきものが沢山あります。日本だけに留まらず、世界の多くの方に読んでいただきたい本です。人の心は歩く早さがちょうどいい(2010/04/17)酒井 雄哉商品詳細を見る 心が落ち着かない時に力になってくれる言葉が、きっと見つかることでしょう。...

ヘンプネックレス&ブレスレット

 今日もビーズ人です。 ヘンプをとうとう使い切りました。最後に残ったヘンプは短かったのでブレスレットに。 ベージュのビーズが優しい感じです。...

ヘンプネックレス 鍵

 今日もビーズ人です。 今日は鍵をつけてみました。あ、本物の鍵じゃありませんよ。鍵のモチーフです。 なんか鍵って微妙・・・かぎっ子を連想させるかも。...

ヘンプネックレス 緑

 今日もビーズ人です。 そしていつもの様に、作り始めると同じモノを連続です。 緑のウッドビーズを使用。...

ヘンプネックレス 羽 その2

 今日もビーズ人です。 同じデザインですが、ビーズをウッドビーズにしています。 このウッドビーズ、いつ買ったのかも覚えていないくらいずっと放置していました。やっと使えて嬉しいです。...

ヘンプネックレス フォーク

 今日はビーズ人です。 つゆ結びの練習もかねて同じヘンプネックレスの色違いです。 モチーフをフォークにしたら、なんか女性向な感じ。...

ヘンプネックレス 羽

 今日はビーズ人です。 ヘンプネックレスを作ってみました。一見簡単そうに見えるけれど、きれいな結び目を作るのが難しいです。 羽のモチーフ、人気があります。 ...

ラリー・シャピロ『禅的ランニング』

 今日も読書人です。 ここのところ読書が続いています。 日本の禅の考え方を取り入れたランニング方法を紹介している本です。 禅をランニングに取り入れるというテーマはいいのですが、なんかとても読みにくい本でした。翻訳が上手くいっていないように感じました。残念ながら、読みにくくて疲れます。 間に入っているイラストも翻訳とともに日本で書かれたもののようですが、これもあまり良くなかったです。禅的ランニング(2...

伊藤まさこ『軽井沢週末だより』

 今日は読書人です。 先日読んだ犬丸一郎氏の『軽井沢伝説』と読み比べると面白いです。犬丸氏は昔の軽井沢を懐かしんでいらっしゃいました。一方、伊藤氏は「・・・かつては外国人や限られたお金持ちの別荘地で・・・」とかつての軽井沢より現在の軽井沢を好んでいるようです。軽井沢週末だより(2012/05/25)伊藤 まさこ商品詳細を見る 軽井沢に行きたくなっちゃうな。...

白籏史朗『名峰・日本縦断』

 今日も読書人です。 初の写真集。もう、この瞬間しかなかった!と思える写真ばかりでした。 また解説がなかなかにおもしろかったです。「山に溶け込み、山と同化して、山の本質を写真で写しとり、掴みとりたい、それをひとつの道、ひとつの職業として確立したいがためにこの仕事を選んだ・・・」 日本こ古来の〇〇道(茶道とか華道とかね)に通じるものを感じました。名峰・日本縦断―白籏史朗写真集(2013/01)白籏 史朗商品詳...

犬丸一郎『軽井沢伝説』

 今日も読書人です。 イメージが先行しがちな「軽井沢」を、長く別荘族である著者の視点で記録しています。軽井沢伝説 避暑地・軽井沢に集った名士たちとの半世紀(2011/07/02)犬丸 一郎商品詳細を見る 消えつつある格式高い軽井沢の記憶を残そうとしている本です。 軽井沢にご縁のある方はご一読を。...

ご案内

プロフィール

amichoco*

Author:amichoco*
FC2ブログへようこそ!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。